MASPOと地域戦略


重要であるのに意外に見落とされているのが地域戦略。
時間と経費の適正な使いかたの見直しにも直結。

訪問型営業で1回当たりの取引が小口になる業種では、営業地域を正しく決めることが肝心。
そうでないとガソリン代、高速道路代、宿泊代などの経費が多くなり十分な利益を出すことが難しくなります。

移動距離が長いということは「時間」と「経費」をたくさん使っているということです。

移動時間を構造的に少なくして利益性を良くする「強い地域作り」が必要。
(取り扱う商品や業種によって地域戦略は異なります)

経費から判断して、あえて行かない地域を決定することもあるかも知れません。

強力な競合がいる地域へわざわざ出向いて営業をすることは得策でしょうか?
それよりも、すぐに動ける地元をより強固にするほうが効率的ではないでしょうか?

無駄な動き・無駄な経費の削減は効率化に繋がります。

MASPOのツールが「地域戦略」をサポートします。

経営計画

自社の経営資源(人・モノ・資産・情報・時間・知的財産)の力を総合的に判断します。力を入れるべき重点地域/追加する地域/カットする地域を決定します。どの地域にパワーを集中するかの選択と決定は社長の覚悟の現れです。

会計管理

営業簿記という考え方があります。
交通費、出張旅費は自身の活動にかかった経費です。
その地域での活動に使った経費に対して売上は納得できる内容でしょうか。

顧客管理

地域ごとの顧客に分類することができるのでエリア毎の戦略を考えることができます。当該地域の顧客数と売上金額の相関性などを検討します。「このエリアに力を注ごう」「このエリアへの訪問頻度は減らそう」などなど。

社長日報

今日一日に要した「経費」を記録します。
移動に要した交通費・出張旅費・時間と売上を総体的に比較し、地域ごとの効果性を確認します。

学びの小径

ランチェスターの戦略について読本を用意しました。
無料版、有料版があります。どうぞご覧ください。

MASPOで多角的に地域における営業活動を把握することが出来ます。

地域戦略についてさらに詳しく学びたい方はこちら

1位作りの地域戦略