MASPOと営業戦略

経営で最も難しい仕事は「見込客」を見付ける仕事。
関心が高い見込客を効果的に見付ける方法の確立が急務。
しかし、それには多くの「時間」と「経費」が必要になります。

この仕組が劣っていたり間違っていると全力で効率の悪い仕事をする結果になります。
たいがい赤字になります。戦略が正しくなければ必死に営業をしても業績は上がりません。

今の「営業方法」で良いかを検証する必要があります。

営業活動の「費用対効果」の検証は必須。

営業・広告にかけた時間と経費以上のお客さまから
問い合わせがありますか?
店舗にいらしてくれていますか?

お客さまをひとり見付けるのにどのくらい経費を使っているか把握しておきましょう。
今月、幾らの経費を使って何人の見込み客を見つけることができましたか?
見込み客はその後、顧客になってくださいましたか?

今と異なる方法を考える必要があるかも知れません。


新規獲得活動にどのくらい割いているでしょうか?
問い合わせの電話、メールは「顧客(見込み)管理」としてきちんと管理されていますか?

学びの小径

ランチェスターの戦略について読本を用意しました。
無料版、有料版があります。どうぞご覧ください。

 

 

業界・客層戦略についてさらに詳しく学びたい方はこちら

1位作りの営業戦略