MASPOと営業戦略

経営で最も難しい仕事は「見込客」を見付ける仕事。
関心が高い見込客を効果的に見付ける方法の確立が急務。
しかし、それには多くの「時間」と「経費」が必要になります。

この仕組が劣っていたり間違っていると全員で効率の悪い仕事をする結果に。
たいがい赤字になります。戦略が正しくなければ必死に営業をしても業績は上がりません。

今の「営業方法」で良いかを検証する必要があります。

営業活動の「費用対効果」の検証は必須。

営業・広告にかけた時間と経費以上のお客さまから
問い合わせがありますか?
店舗にいらしてくれていますか?

お客さまをひとり見付けるのにどのくらいの費用を使っているか把握していますか?
今と異なる方法を考える必要があるかも知れません。


新規獲得活動にどのくらい割いていますか?
問い合わせの電話、メールはきちんと管理されていますか?

MASPOのツールが「営業戦略」をサポートします。

経営計画

広告宣伝費、見込み客を見つけるための経費(予算)を
設定します。設定した費用は適切だったか効果はあったかを都度、見直し検証します。どの媒体が効果的で、その媒体が効果が無かったかの結果調査は必須です。

 

 

会計管理

売上を上げるために幾らの経費を要したかの確認は重要。期の途中で広告宣伝費を抑えるのかまたは追加するのか。
果たしてそれはどの広告媒体に向けるのか…。
経費配分が上手になると効果性が高くなります。

顧客管理

既存客・見込み客別に登録・管理ができます。営業戦略とは見込み客を獲得する仕事。問合わせてきた見込み客を既存客にする戦術を図ります。この作業が「新規顧客の獲得」の貴社オリジナルの仕組みとなっていきます。

社長日報

一日に何人の「既存客候補」にアプローチしたか…。
接触手段は幾つもありますが、総数を上げていくことが必要です。アプローチした人数が多いほど結果に繋がります。少しでも多くの人に接触を!

学びの小径

ランチェスターの戦略について読本を用意しました。
無料版、有料版があります。どうぞご覧ください。

 

 

業界・客層戦略についてさらに詳しく学びたい方はこちら

1位作りの営業戦略